レーザ肉盛溶接(LMD:Laser Metal Deposition)

レーザ肉盛溶接は金属の積層造形法の一種です。一般的に「レーザ・メタル・デポジション」、略してLMDの呼称で認識されています。

このプロセスは、初めにレーザによって部品表面に溶融池が形成され、ノズルを通して金属粉末が自動的に供給されます。互いに溶接されたビードが形成されることで、既存の母材又は部品全体の表面に構造が築かれます。

この製法は、航空産業、エネルギー技術、石油化学、自動車業界や医療技術などで使用されています。

ワイヤーベースLMD

  • レーザクラッディング技術を基本とした溶接プロセス
  • 部品はレーザを用いて溶融ワイヤで製造される、ニアネットシェイプ加工
  • レーザ出力、ワイヤ速度、ワイヤ供給方向の最適化により、プロセスの安定性を実現

パウダーベースLMD

  • 複雑な形状の肉盛材を機能的に製作するのに適切
  • 独自の合金を作成する際、異なるパウダを予め混合することが可能
  • 部品の高次元精度が可能
  • 解析はパウダ噴射やレーザパラメータの最適化を支援する