CuSi3フィラーワイヤを付加する亜鉛めっき鋼板のレーザブレージング

鋼板(厚さ;0.7mm)とフィラー棒(Φ1.6mm)のレーザろう付けにおいて、レーザ位置等のパラメータの影響を調査するためにFLOW-3D WELDによる解析を実施しました。パラメータ調査の結果、欠陥の発生を低減できる推奨のパラメータを見出し、良好なろう付けが可能になりました。

FLOW-3D WELDの解析結果と実験結果の横断面を比較し、実現象と解析結果が精度良く一致していることを確認しました。

       FLOW-3D WELD の解析結果(左) と実験 (右)の接合した横断面の比較

【資料提供】

Study by Dr. Radovan Kovacevic and Masoud Mohammadpour of the Research Center for Advanced Manufacturing (RCAM), Southern Methodist University